2011年10月21日

ゆず」の北川 アヤパンとの結婚を報告

)ゆず」の北川 アヤパンとの結婚を報告

滝クリも怯えている!?フリーに転身した「最強女子アナ」高島 彩の魅力
<高島彩>退社後初のCM出演 野菜ジュースでホッとした表情披露
高島彩、フォニックスに所属決定! 来年からフリー活動へ

第7回 好きな女子アナ」、西尾由佳理アナが初の首位 〜6年連続ランクインで初冠載

人妻巨乳内田恭子vs安産巨尻高島彩 女帝のシバキ合い奥の院(2)

胸にぽっかりと穴が」……高島彩アナウンサーがブログに心境綴る
高島彩アナに「次は結婚式でスピーチさせて」
<高島彩アナ>「めざましテレビは家族のよう」涙の卒業 大塚キャスター、中野アナも涙

アヤパン、北川の母に2年前から
<高島彩アナ>9月で「めざましテレビ」卒業 年内で退社「朝日を浴びて目を覚ます生活を」と

好きな「女子アナ」トップは高島、中野は意外に不人気?
チームワーク抜群の「めざましテレビ」 視聴率好調
1日の始まりを告げる“朝の顔”ランキング、1位は高島彩アナ
フジ「めざまし」16年目で初首位に輝く!

大人気の高島彩アナ。でも日本語をもっと勉強して

アヤパンが迎える三十路の岐路

北川&高島アナが番組内デート?高島アナ&ゆず北川「めざまし」で生共演 アヤパン、ゆず北川と共演も質問控えめ?

高島彩(たかしまあや、1979年2月18日 - )は、フジテレビアナウンサー。東京都出身。

父親は俳優の竜崎勝(本名:高島史旭)で、1984年に肝硬変で死去。高島が5歳の時に死別したため、父の記憶はほとんどないという。兄は元俳優の高島郷。

経歴

成蹊小学校、成蹊中学校・高等学校、成蹊大学法学部政治学科卒業。
2001年4月、フジテレビにアナウンサーとして入社。
10月17日、同期女子アナによるパラパラでDVDデビューをした。
入社1年目にして、自らの名前を冠した番組「アヤパン」を担当した。これにより「アヤパン」という愛称で呼ばれるようになった。
アヤパンの企画で歌ったことをきっかけに、「着信のドレイ」でCDデビューを果たした。
入社3年目の2003年4月から「めざましテレビ」の司会を担当。
2003年、2005年〜2008年は「FNSの日」で進行役を担当。
2010年、めざましテレビを9月いっぱいで卒業して、年内でフジテレビを退社することを発表した。
人物・エピソード [編集]
成蹊小学校では、家庭科部に所属。成蹊高校では、花園出場経験がある強豪、ラグビー部のマネージャーをしていた。
雑誌社の知人に誘われ、高校時代に東京ストリートニュース等の読者モデルを経験した。
テレビ朝日は最終面接まで受けたものの、先にフジテレビに内定したため結果を待たずに辞退した。TBSも受けたが合否は不明。
フジテレビ系番組の『ボクらの時代』(2008年11月9日放送)では、父親の同期だった地井武男×小野武彦×村井国夫が対談し、亡き竜崎勝や高島などとの思い出を語っており、村井国夫は、高島がフジテレビに入社したとき、会って涙が出た…などと語っている。

多くの番組で共演した中野美奈子とは年が近いこともあり、フジテレビアナウンス室のサイトにて「めざまし双子姉妹(ツインズ)」と表現されるほど仲が良い。ここ数年『めざましテレビ』以外の番組でも共演することが多く、プライベートでも食事や旅行に行くことが多い。

学生時代から、めざましテレビの前任者である小島奈津子に憧れ、同番組のメインを務めることを目標にしており、めざましテレビ就任後に出演した番宣番組の中では「このポジションは誰にも渡しません」と宣言している。

お酒好きで、大変な酒豪であるが「早朝番組を担当してからは以前のような量は飲めなくなった」と語っている。

料理が得意で、番組やブログで披露している。

似顔絵やイラストなども上手で、番組で披露している。

アドリブに長けており、特に生放送での仕切りに定評がある。また、バラエティ番組などではタレントを立てることを忘れない。[1]

阿部知代アナに、フジテレビ史上最強に仕事をこなせるアナウンサーと絶賛され[2]、元アナウンス部長の山中秀樹も、在籍時代に高島の新人研修を担当し、同期入社アナウンサーの中で彼女が一番アナウンス能力に長けていたと語っている[3]。

亡父(竜崎勝)の祥月命日には墓参をするのが恒例となっており、ブログでも父への思いを綴ることもある。

オリコンの「好きな女性アナウンサーランキング」で5年連続1位となり、殿堂入りを果たす。
『FNSの日』の進行役を5回担当。これは西山喜久恵の8回に次いで歴代2位。
2009年8月30日に行われた第45回衆議院総選挙、FNNスーパー選挙2009 審判の日の司会を務めた。選挙期間中から複数の候補者の選挙活動をリポートした。他局も同様に局アナを総動員して各選挙区を取材しているため、異例なことではない。2004年、2009年にも選挙特番のサブ司会を務め、リポートもした。

高島彩 - Wikipedia

2. 高島彩 - アンサイクロペディア
3. イロドリ iRoDoRi?明日という日に彩りを添えて?
4. アナマガ [フジテレビアナウンサー公式サイト] - フジテレビ
5. 高島彩 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑


posted by ぴかまま at 05:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女子アナ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。