2008年06月28日

上田桃子・全米女子オープン

藍&さくら12位、桃子21位/米女子ゴルフ6/27


上田桃子

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

上田 桃子(うえだ ももこ、1986年6月15日 - )は、熊本県熊本市出身の女子プロゴルファー。ソニー所属。身長161cm、体重54kg、血液型A型。得意クラブは1W。

歳の頃より坂田信弘主催の坂田ジュニアゴルフ塾でゴルフを始め、熊本市立西原中学校時代には熊日トーナメントジュニア女子の部で2連覇を達成。東海大学付属第二高等学校1年次に九州女子アマ2位。高校卒業後、ティーチングプロの第一人者として知られる江連忠の指導を受けるため、兵庫県神戸市に移住する。

2005年7月、プロテストに3位で一発合格。新人戦の加賀電子カップで優勝する。

2006年は30試合に出場し予選落ち4回。ベストフィニッシュはクリスタルガイザーレディスの3位。賞金ランクは13位(4,675万1,163円)。

2007年1月19日に南アフリカで行われた第3回W杯に、諸見里しのぶと共に出場した。2007年4月に行われた「ライフカードレディス」で初優勝を飾る。なお、同日に行われていた「東建ホームメイト杯」(男子ツアー)の優勝者は上田諭尉で、この日は男女の「上田」が初優勝を飾ることとなった。

2007年11月4日、ミズノクラシックで全米女子ツアー初制覇。同時に最終日7番ホール(485ヤード、パー5)で自身初のアルバトロスを達成した。また、達成したボールは躊躇なく観客へ投げた。

2007年は通算5勝を挙げ、1996年の福嶋晃子の23歳148日を抜き、21歳156日で史上最年少の賞金女王となった。大山志保が2006年に記録した、史上最多獲得賞金額1億6629万円の更新に期待が掛かったが、最終戦のリコーカップで記録更新の条件である2名以内の4位タイ以上の成績を残せず5位に終わったため、賞金総額は約1億6611万円と更新はならなかった。

同年12月、日本プロスポーツ大賞最高新人賞を受賞。

ゴルフ雑誌「Regina」の2007年 最もおしゃれなゴルファーランキングで見事1位に輝いた。

生まれたときからお尻が大きかった(桃尻)ことが名前の由来になっているとのこと。「桃尻」は自身のブログのタイトルにも使われている。
プレイ中は自分との戦いといわんばかりに、ミスショットをすると自らに言い聞かせるような行動をとることがある。プレイ中に激しい腹痛を起こしてしまったことがあるが最後までプレーしたという、ファイトのある性格。プレイ中はもちろんのこと、プレイ後も感情を前面に出すほどの気迫溢れるスタイルを信条としているため批判の対象となることもあるが、それが逆に彼女の人気のひとつの要素ともなっている。
かつては転がすアプローチショットを嫌悪し、上げるアプローチショットを多用していた。これは、プロである以上は人々に魅せるプレーが重要だという彼女の考え方によるものである。しかし、これについて岡本綾子は「スコアメイクにはつながらない。タイガー・ウッズでもそんなことはしない」と批判した。上田が本格的に転がすアプローチを練習し始めたのは、全米女子ツアーに参戦して不振が続いていたころであった。
2007年10月に放送された『情熱大陸』の中で「バレーボールやバスケットボールをやる人の気持ちがわからない、プロもないのに先がない。」と発言したためにブログが炎上し本人が謝罪する騒ぎになった。
2008年1月に放送された『おしゃれイズム』の中で「南アフリカには恐竜が実在している」と思い込んでいたと発言した他、たくさんの仰天エピソードを披露した挙げ句、「もう喋りたくな - い」と恥ずかしがった。
2008年1月より、サッカー元日本代表の中田英寿や競泳男子平泳ぎアテネ五輪2冠の北島康介らを手がけている大手マネジメント事務所のサニーサイドアップと契約。
上田桃子 - Wikipedia

上田桃子公式サイト

ブログサイト 桃尻 桃子の「待ってろ世界!」


posted by ぴかまま at 05:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女子プロゴルファー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。