2008年07月23日

正義の味方★本郷奏多

「世界は自分を中心に回っている」と信じる傍若無人・自己チューの姉・槇子(山田優)に虐げられながら、強く前向きに生きる妹・容子(志田未来)の日常を描くコメディ。

7月9日(水)夜10時 日本テレビ系「正義の味方

★岡本陸(本郷奏多):容子(志田未来)の同級生。槇子(山田優)の悪事がきっかけで、容子(志田未来)と急接近

本郷奏多

本郷 奏多ほんごう かなた、1990年11月15日 -O型 )は、宮城県仙台市出身の日本の俳優。所属事務所はスターダストプロモーションおよび仙台SOSモデルエージェンシー。

幼稚園生の頃から仙台市所在のモデル事務所・仙台SOSモデルエージェンシーでキッズモデルとして活動する。現在では、同事務所および、スターダストプロモーションに所属し、俳優として活動している。

映画『リターナー』で俳優デビューを果たし、2005年公開の映画『HINOKIO』では、14歳で初主演を果たす。2006年公開の『NANA2』では、シン役を演じ注目を集める
家族構成は父、母、2つ上の兄、の4人。
仕事との兼ね合いもあり高校入学と同時に上京、現在は母親と二人で生活している

10歳の時、日本テレビで放送された「あしたのJ」の番組内企画『全国 目指せ!ジャニーズJr.』でジャニーズ事務所の公開オーディションを受けるも、最終審査で脱落という結果に終わった。その際、手品を披露した

大の甘党で、「お菓子が主食である」と同時に「1日に3個は必ず食べる」と語る。なお、野菜と魚が嫌いで、肉とお菓子が好物との事。中でもトマトに関しては、「それを食べろと言われることは“あなた一人が犠牲になれば世界は救われるわ!”と言われて困るのと同じ事」と語るほど、苦手[5]。
『NANA2』でシン役を演じた際、ギター演奏が全く出来なかった彼はこの作品をきっかけにベース、ギター両方を弾けるようになった。さらにこの作品をきっかけにヴィヴィアン・ウエストウッドのアイテムを多く愛用するようになる

本郷奏多 - Wikipedia




posted by ぴかまま at 05:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男性:は行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。