2010年07月20日

山田優が連ドラ初主演!! 西原理恵子の壮絶半生を体当たり熱演

サイバラブーム 映像化ラッシュも原作映画化は苦戦続く

キョンキョン&永瀬、元夫婦が夫婦役…「毎日かあさん」実写映画化

山田優が連ドラ初主演!! 西原理恵子の壮絶半生を体当たり熱演

菅野美穂、8年ぶりの主演映画が高知県で先行公開「パンチパーマをありがとう」

スタジオパークからこんにちは★西原理恵子

<深津絵里>ダメ作家に変身 マンガ「女の子ものがたり」が映画化 西原理恵子も特別出演

母を語る 漫画家・西原理恵子さん/手抜き育児のススメ

西原理恵子さいばらりえこ、1964年11月1日 - )は日本の漫画家。ギャンブルや、旅行体験レポートなど、実体験に基づいた大人向けギャグ漫画作品が多い。2児の母。

作品の性質上、西原と親交のある人物が実名で登場することも多い。それらの人物に仕事を斡旋することがあり、元夫の鴨志田穣や友人の金角(後に、ゲッツ板谷に改名)・銀角らがライターとしてデビューしたのも彼女がきっかけであるとされている。

2003年に鴨志田と離婚。しかし離婚後も西原のサポートにより、鴨志田のアルコール依存症克服や、癌との闘病生活を共に過ごす。入籍はせず事実婚の形であった。現在、テレビ番組などで夫と過ごした闘病生活に関してコメントしている

高知市出身。母の実家である漁師の家で長女として生まれる。兄弟は兄がひとり。3歳の時に実父と死に別れ、母の再婚相手の義父に溺愛されて育つ。

私立土佐女子高等学校在学中に飲酒によって退学処分を受け、その処分を巡り学校側を訴える。その訴訟の際に、取材に来たフリーライターの保坂展人(現社民党衆院議員)と知り合う。

その後大検に合格、1年間立川美術予備校に通った後、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科に入学し1989年3月同校卒業(本人曰く「しょもない美大に無事受かってしまった」)。大学在学中から飲食店での皿洗いやミニスカパブでホステスのアルバイトをしながら成人雑誌のカットを描いていたが、カットを目にした小学館の編集者八巻和弘にスカウトされ1988年『ちくろ幼稚園』(『週刊ヤングサンデー』)でデビュー。

その後パチンコ雑誌、麻雀漫画誌、漫画週刊誌などに連載を持ち、『週刊朝日』連載のグルメレポ漫画『恨ミシュラン』で一躍人気を博す。1996年に旅行体験レポ漫画『鳥頭紀行』で知り合ったフォトジャーナリスト鴨志田穣と結婚。2児をもうけるも、鴨志田のアルコール依存症(これについては2008年春、NHK教育の福祉番組「福祉ネットワーク」に出演し、語っている)、西原の多忙によるすれ違いなどを原因として離婚。

ただ、その後も頻繁に会うなど絶縁したわけではなく、『毎日かあさん』(毎日新聞紙上の連載)2006年8月掲載分にて復縁を匂わせ、鴨志田がアルコール依存を治癒したため、籍を入れない事実婚の形で同居を再開。西原は、これら2人の過程を『毎日かあさん』の中に物語として組み込んでいた。しかし同居の再開時点で鴨志田は末期の腎臓がんであり、同居再開の半年後の2007年3月20日に逝去。葬儀では西原は元妻として喪主を務めた。

1997年に『ぼくんち』で文藝春秋漫画賞を受賞する。同作品は観月ありさ主演で映画化されている。2005年に『毎日かあさん(カニ母編)』で文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を、『毎日かあさん』『上京ものがたり』で手塚治虫文化賞短編賞を受賞。

2007年3月の鴨志田穣の逝去から3ヶ月間活動を休止していたが、親友であるゲッツ板谷の原作映画『ワルボロ』の宣伝用イラスト制作を機に、『毎日かあさん』などの連載を再開している。

2007年5月9日放送の、フジテレビ系テレビ番組『ザ・ベストハウス123』の 中で、「最も泣ける本」の第一位として「いけちゃんとぼく」が挙げられた。

西原理恵子 - Wikipedia

2. 銭の花はどこに咲く。さいばらりえこの太腕繁盛記 生(なま)
3. 鳥頭の城
4. 毎日かあさん - 毎日jp(毎日新聞)
5. 女子力!インタビュー西原理恵子


posted by ぴかまま at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作家・漫画家
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。