2009年05月28日

NHK「スタジオパークからこんにちは」54歳の郷ひろみさん登場

木村拓哉、オーラ全開!イ・ビョンホンら美しき男たちが六本木に降臨!

★★★

NHK「スタジオパークからこんにちは」54歳の郷ひろみさん登場

郷ひろみごうひろみ、本名は原武 裕美(はらたけ ひろみ)、男性、1955年10月18日 - )は、福岡県糟屋郡須恵町生まれの日本の歌手、俳優。身長178cm、血液型A型。

15歳になって、近所の人が東宝映画『潮騒』(1971年)出演者募集に写真応募しオーディションに行く途中、嫌がったら母親から「それでも九州男児か!」と銀座路上でビンタされて会場に行く。「体が小さい」ということで不合格になるが、審査員にいたジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川にスカウトされる。

1971年、ジャニーズ事務所に所属しフォーリーブスのバックに出演して人気を博し、ファンの声援「GO!GO!」から芸名は郷ひろみに決まる。大阪でファンクラブ発足。
1972年1月、NHK大河ドラマ『新・平家物語』で芸能界デビュー。
1972年8月1日、歌手デビュー。所属レコード会社はCBSソニー(現、ソニー・ミュージックエンタテインメント)。
1972年11月、デビュー曲『男の子女の子』が、いきなりオリコンのベストテン入りを果たし、第14回日本レコード大賞・新人賞を受賞。
1973年、ブロマイド年間売上実績No.1に輝き、一躍トップアイドルの仲間入りを果たす。西城秀樹、野口五郎と共に新御三家といわれ一世を風靡する。
1973年12月31日、第24回NHK紅白歌合戦に初出場(1985年まで13年連続出場)。
1974年、初主演のテレビドラマ『ちょっとしあわせ』の主題歌『よろしく哀愁』で、自身初のオリコン・ヒットチャート第1位を獲得。
1975年、バーニングプロダクションに移籍。
1976年、『さらば夏の光よ』で映画初主演。
1977年、テレビドラマ『ムー』に出演して人気を博す。再びブロマイド年間売上実績No.1となった。
1978年、日本レコード大賞などの音楽賞の出演を全て拒否する。「目先のことに一喜一憂することなく、長期的な視野にたって、自分自身のことについて考えたい。」
1978年、テレビドラマ『ムー一族』の挿入歌『林檎殺人事件』が『ザ・ベストテン』で自身初の第1位を獲得。
1979年、テレビドラマ『家路』の挿入歌『マイレディー』が『ザ・ベストテン』で5週連続・第1位を獲得。
1980年、『明星』「アイドル人気投票」で、9年連続で1位獲得(日本テレビ音楽祭・トップアイドル賞受賞)。
1982年、洋楽のカバー曲『哀愁のカサブランカ』が50万枚のセールスを記録したが、ランキング番組の出演をすべて拒否する。
1983年、バラエティ番組『カックラキン大放送!!』にレギュラー出演。
1985年1月、交際を公にしていた松田聖子と破局。

1987年6月12日、二谷友里恵と結婚。霊南坂教会とシドニーのセントメリーズ教会で挙式し、新居をニューヨークに構える

1998年4月9日、離婚発表と同時にその経緯を告白本にした『ダディ』を出版。ミリオンセラーとなる。

2000年11月9日、アルマーニショップ店員でニューヨーク在住投資家の資産家令嬢と再婚。親近者だけでニューヨークで挙式。

2005年3月、芸能活動再開を宣言。
2005年4月、二度目の離婚。「それぞれの道を歩んでいくことが今後の2人にとって最善の方法。ボクはより一層努力し郷ひろみを極めたい。」
2005年10月、大阪で50歳を祝う「スペシャルバースデーライブ」開催。「これからも歌手・郷ひろみを極めたい」と宣言。大阪はファンクラブが発足した思い出の地。
2006年9月、デビュー35周年記念ライブとして、東京日比谷野外音楽堂など全国6か所で8公演を開催。
1. 郷ひろみ - Wikipedia

2. 郷ひろみ

★★★

こちらは・・・田原俊彦“ビッグ発言”は健在! 女性関係綴ると「ベストセラーになっちゃう」

★★★


posted by ぴかまま at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男性:か行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。