2009年06月28日

優木まおみ優木まおみ 大人可愛い30代を目指す〜優木まおみ 人気急上昇

シュウマイ★チューボーですよ(優木まおみ)
ウチくる!?優木まおみ

優木まおみ 大人可愛い30代を目指す〜優木まおみ 人気急上昇

グータンヌーボ★優木まおみ&浜口京子

優木まおみゆうきまおみ、1980年3月2日 - )は、日本の女性マルチタレント。 生島企画室所属。ハーモニープロモーション業務提携

1980年3月2日、佐賀県佐賀市に生まれる。1998年佐賀県立致遠館高等学校、2003年東京学芸大学卒。同校在学中にハワイ大学に半年間の語学留学経験もある。

2002年に白子のりのCMオーディションに合格、芸能界デビュー。以後活動の幅を広げ、今日に至っている。

現在、テレビではキャスター、リポーター、女優、歌手、ラジオ、CM、グラビアモデルまでこなすマルチタレント。また、競艇のイメージキャラクターを2004年から務めており、毎回、SGレースの表彰式に参加している(2007年の賞金王決定戦競走を以って競艇イメージガールを卒業した)。

第四級アマチュア無線技士と小学校教員免許の資格を持つ。アマチュア無線技士の資格は小学生の時に家族に無理やり取らされ、おつかいに行くときは無線機を持たされた。コールサインはJM6CRT。
小中高とバスケットボールを8年間プレーしていた。スリーポイントシュートが得意。
部活動の傍ら生徒会長としても活動していて送辞を読んだ経験があり、このころからアナウンサーを志望していたため文章や喋り方などを猛練習したという。
東京学芸大在籍時、自費でハワイ大学に短期留学。その時に覚えた英語が話せる。
以前は極度の近視でコンタクトレンズ・眼鏡を常用していたが、2007年12月30日にレーシック手術を受けた。
村西利恵(関西テレビアナウンサー)は、アナウンススクール時代の同期であり、親友である。
キャッチフレーズは「エロかしこい」。
高校時代、地元のタウン情報誌「月刊タウン情報さが」で取り上げられたことがある。
実家は中華料理店「光楽園」を経営しており、『店に来てください』という短い宣伝のコメントを寄せていた。新・堂本兄弟出演時[1]に幼少時に店の前で撮影した画像を公開し、「今もやってるんです」と発言している。店の中にはポスターやDVDなどが飾られており、テレビなどの出演予定スケジュールが配られている[2]。
元々アナウンサー志望であったが、在京キー局すべて不合格となってしまった。
TBS系「世界ウルルン滞在記」(毎日放送制作)では、昆虫を常食する村でリポートをこなす。
同じTBS系「週刊!健康カレンダー カラダのキモチ」(中部日本放送制作)[3]で、加齢臭好きであることを告白した。
2005年、フジテレビ「プレミアの巣窟」に出演し、レギュラーリポーター&マスコットガールの「プレミアンガールズ」の1人として登場、認知度を高めた。
2007年1月13日 - 1月18日に、競艇において蛭子能収に次いで冠レース「優木まおみ杯」が、東京都府中市の多摩川競艇場で開催された。同杯は2007年10月にも行なわれた。なお蛭子は隣県長崎県の出身で、大の競艇好きとして知られている。
2007年8月5日、秋葉原・SOFT2での新作DVD発売キャンペーンで、「今後はバラエティにもどんどん出演したい。」と意欲を示した。
2007年8月18日の握手会で「今年中に男性誌すべてで表紙を飾りたい」と発言。また、グラビアアイドルチェックが趣味であると公言。「最近は木下優樹菜ちゃんとか木口亜矢ちゃんが押せ押せ」「鷲巣あやのちゃん、白鳥百合子ちゃんも熱い」と述べて、“ライバル”の動向にも詳しいことが明らかになった。
「未来創造堂」では、インスタントラーメンの作り方のこだわりを見せた。固めの麺が好きでかなり茹で時間にこだわりを持つ。仕上げに溶き卵を入れて完成する。
アナウンサーになることを夢見ていた高校時代は東京への憧れが強く故郷佐賀を嫌っていた時期もあったと番組「トシガイ」で述べていたが、同番組で帰郷した時故郷の人々の暖かさに触れ涙している。
「トシガイ」にて28歳ぶんの28万円は両親にカラオケセットを購入・プレゼントしており「地元佐賀が少しでも元気になるように」と実家の光楽園で優木主催のカラオケ大会を催した。
「やればなんでもできるけど絶対に上がいて、全部が中途半端」と述べている。番組内では「(クイズ番組などで)東大のパネラーがいると困る」と悩んでいた。
フリーアナとして地道に活動していたが25歳の時グラビアの話を持ちかけられた。しかし当初グラビアには抵抗がありみっともないと感じていたと告白しているが最後の賭けとして挑んだ。グラビアを始めた当初は一般人の男性と交際しており、相手は公で水着姿になる自分に抵抗を持っていたと語っている[4]。
趣味の一つにゴルフがある。まだ初心者だが初コースでのスコアは138だった。ドライバーの打ちが良いと自身で語っている。
初デートは中学2年生の時に一目惚れした違うクラスの男子。相手も優木に好意を持っていたようで友達伝いに思いが伝わるようになり相手から体育館裏で告白されて交際をスタートした。当時は生徒手帳を交換するのが流行っていたり、連絡はもっぱら下駄箱に入れる手紙だったと語っており、下校時一緒に帰ったり映画館でWデートしたりした。クリスマスを過ごしたのもこの時が初で「淡い恋だった」と振り返っている。しかし、あまり進展もないまま半年間で相手から終止符を打たれた。最近、この相手が 仲を取り持ってくれた優木の友達と結婚していることがわかった、という。
ラジカルでファーストキスの年齢を聞かれた際は「中2」と答えてしまったが実際のファーストキスは「高2」である、と自身がブログで訂正している。太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。に出演した際は「高3」と答えている。
好きな男性が出来た時には待つことができず「ハンターになる」と発言している。接触が少ない人でも無理矢理話す機会を作ったりして相手に近づくと言っており、最後の賭けとして、男性から「コンパに行ってきます」などのメール来た際「ちょっとジェラシー」と返信し相手の反応を伺うという[5]。
酔っ払って便器を抱くようにして眠ってしまったことが何度もある[6]。
「思ったことをすぐ言っちゃうから男性から引かれる」などのエピソードを語り、勝負下着は持っているものの着け心地が好ましくないのでゴムの緩んだ下着を愛用している事や「寝屁で眼が覚める」というほどイビキ・歯軋りと寝相が極端に悪く男性が嫌がることが多い、と語るなど思い切ったトークを行った[7]。
男性と食事をするとき、オーダーするワインはまず8,000円クラスのものを選び、「もっと高いのを頼んでもいいよ」と薦められるのを待って、20,000円クラスのワインを頼むとのこと[8]。
愛車は白のトヨタ・ハリアー。本人曰く「丸い形のシティSUV」が好きで、ハリアー以外にもポルシェ・カイエンやBMW・X5、フォルクスワーゲン・トゥアレグなども好きだと語っている(CARトップ誌2007年9月号にて)。
毎回仕事への移動は愛車を自ら運転するとのこと。また、オフには愛車に自転車を積んで湘南などへ出かけるのが好きなアウトドア派である。
有吉弘行から「62点」と言うあだ名を付けられた。有吉曰く、平均点は超えているがよく見てみると62点とのこと[9]。
眞鍋かをりや優香、八田亜矢子、杉崎美香などと親交があり自称「アラサー会(女子会[10])」として飲み会などをしている[11]。バラエティアイドル同士が集まった際は仕事の話になることも多く、優木は収録で色々フォローしてくれるブラックマヨネーズ小杉竜一がカラみやすい芸人の一人だと述べている。逆にカラみにくいのは自分の話しかしない芸人や彼女の発言を全く拾ってくれない人[12]。
「睡眠時間を削ってまで食事や遊びに行こうとは思わない。昔はオールもできたけど最近はキツイ」と発言しており、彼女のブログにもあるように家で一人で食事することがほとんどだという。[12]
仕事でエジプトの砂漠に行った際は、トイレが無いので仕方なく砂漠で野ションをする羽目になり非常に恥ずかしかったと言っている。[12]
ブックオフにて『ふたりエッチ』『つゆダク』というエロ漫画を購入する[13]。
子供の頃、おしっこを我慢しながら階段を上っているとき、実父に後ろからカンチョーをされてしまい、おもらしをしたことがある

優木まおみ - Wikipedia

. 優木まおみの画像
. YouTube - 優木まおみ
. +++YUUKI MAOMI+++


タグ:優木まおみ
posted by ぴかまま at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性:や行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。