2009年09月27日

中野裕太

中野裕太(なかのゆうた、1985年10月9日 -)は、日本の俳優、モデル、マルチタレント、「共感覚な天才。天は二物を与えた男」[1]。福岡県福岡市南区出身。所属事務所はレプロエンタテインメント。当初は創斗(そうと)の芸名で活動していたが、2009年に現在の事務所に移籍後、本名の中野裕太に改名。

私立公文国際学園中等部・高等部卒業。
早稲田大学第一文学部卒業。文学学士。
資格―普通自動車免許[2]。
小学生時代にスペインに住み、高校時代にアメリカ・アイオワ州、大学時代にはイタリアに留学していた。
主に雑誌やCMなどでモデルとして活動後、2008年、『仮面ライダーキバ』の糸矢僚役で俳優デビューし、同年には『ハンサム★スーツ』で映画デビューした。
現在の目標は、大河ドラマの主役になることである[3]。
所属事務所によると、血液型O型、身長181cm、3サイズ96cm-75cm-90cm、足のサイズ27.5cm[4]。体重は公表されていない。
趣味は、歌・ピアノ・絵・詩[5]。一番好きな音楽は、ロベルト・シューマンの詩人の恋の「美しい五月には」である

自分の思想哲学はニーチェを超えた、という趣旨のことを自称する

3歳の頃から公文式ドリルを始め、4歳で算数および中学生の国語をやり、6歳で難解な方程式を解き、小学校4年生のときに大学入試の問題は解けていたことを自称する

小学校低学年時に、高校の漢文に出会い、そこで孔子や論語および性善説・性悪説に触れて、人間論や人生論に興味を持ち始めたと自称する

したバラエティ番組ほぼすべてで公表し、その模試の順位表の拡大コピーを公開している。どのような母集団の何科目の模試かについては明言していない。
全国模試1位になったときの順位表を公開したときに映った第一志望校の欄には東京大学文科一類後期と記載されていた。しかし、文科一類は法学部だから興味がなかった旨を自称する[21]。先生にそう書くよう言われたと自称する。
早稲田大学の入学試験において特に優秀な成績をおさめた合格者に与えられる「大隈記念特別奨学金(毎年90人前後。選抜方法非公表。別の大学に進学する候補者も多く、必ずしも入学試験での上位90人ではない)」の奨学生となり、奨学生証書を公開した[22]。この奨学生についてのエピソードも、出演したバラエティ番組ほぼすべてで公表している。
大学在学中も成績上位を維持したため4年間の授業料が免除されたという。そのため、早稲田大学を首席で卒業されたような紹介をされる場合があるが、個人が自らの席次を知る方法はない。4年間授業料が免除されたことから、「ほぼ首席」で卒業しただろうとされている[23]。
そもそも大学には全く興味がなく全く勉強しなかったが、先生や親に東京大学をどうしても受けてくれと頼まれ、結果的に滑り止めで受けた早稲田大学に入学したと自称する[24]。なぜ大学に興味がないのに滑り止めまで受けたかについては言及がない。また、東京大学の合否については一切言及しないが、中野が受験した年の東京大学文科一類において入学辞退をした合格者はいない

3ヶ月あれば外国語を習得できることを自称する[26]。
日本語・英語・フランス語・スペイン語・イタリア語の5ヶ国語を話せることを自称する[27]。笑っていいともでは、5カ国語による自己紹介を披露した。ただし、日本語と英語以外の3ヶ国語は、基本的な会話が出来る程度のレベルであり、ネイティブスピーカーと難なく会話が出来るレベルには達していない[要出典]。
現在は中国語を勉強中で、友人に発音が完璧だと言われたと自称する

上記のような天才エピソードを持っていながら、熱血!平成教育学院での正答率は低い。本人は、早押しや理系分野が苦手であるなど釈明が多いが、全体的に成績が悪い。
熱血!平成教育学院では、下記の例のように、問題が出たときにそれにまつわる知識を披露する博学ぶりを見せるがなぜか正答できずに言い訳をする、ということが多々あったため、新聞ラテ欄における熱血!平成教育学院の番組紹介では、「大口をたたかせればナンバーワン」と紹介されるに至った

中野裕太 (俳優) - Wikipedia


タグ:中野裕太
posted by ぴかまま at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男性:に行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。