2009年11月08日

TBS日曜劇場『JIN』友永未来(中谷美紀)

幕末にタイムスリップした脳外科医が人々を救う中で、激しい歴史の流れに巻き込まれていく

原作は村上もとかの同名漫画。

主題歌:MISIA「逢いたくていま」

10/11(日)21時〜『JIN

の恋人・友永未来中谷美紀):現代に生きる脳外科医。2年前にの手術を受け植物状態に

中谷美紀(なかたにみき、1976年1月12日 - )は、日本の女優。東京都東村山市出身。所属事務所はスターダストプロモーション

1991年、東村山市立東村山第七中学校〜東京都立代々木高等学校を経て目白の赤堀栄養専門学校卒業。4人兄弟の第1子。デビュー前はクリエートジャパンエージェンシー・インターナショナルにてモデルとして活動していた。

1991年、テレビ朝日系バラエティ番組『桜っ子クラブ』の「となりのマブ子ちゃん大賞」でグランプリ獲得。同じくグランプリを獲得した東恵子とユニット「KEY WEST CLUB」を結成し、11月にシングル『お誂え向きのDestiny』で歌手デビュー。その後も「桜っ子クラブさくら組」のメンバーとして活躍。1993年、シングルCD『あなたがわからない』でソロデビュー。ちなみにKEY WEST CLUBの楽曲及びソロシングルCD『あなたがわからない』はビーイングがサウンドプロデュースを担当していた。だが、その後は1996年まで音楽活動を停止する。1996年以降は、坂本龍一プロデュースの元で音楽活動を行う。

1993年、ドラマ『ひとつ屋根の下』で女優デビュー。その後様々なTVドラマ・映画に出演。また、日本石油のCM出演で全国的に顔が知られるようになる。1996年、坂本龍一のプロデュースによるシングルCD『MIND CIRCUS』をリリースし、音楽活動を再開。2001年まで活動を継続した。

1999年、『ケイゾク』にてドラマ初主演。カルト的な人気を博し、自身の代表作になる。この作品の成功により、主演女優としての地位を確立する。

2002年以降、テレビドラマで活躍したあと、活動の拠点を映画に移している。 

2004年-2005年 女性誌『anan』に初の連載エッセイ「男子禁制!?」を執筆。これを編集・まとめたものが2006年に単行本『ないものねだり』として発売される。 2005年には、映画『電車男』でエルメス役。原作本『電車男』の中に「エルメスは中谷美紀に似ている」という部分があり、実際にエルメス役を演じることになった。中谷の出演歴中でも珍しい純愛物といえる本作は、当初の予想を大幅に上回るロングヒットとなった。


2007年、第30回日本アカデミー賞 『嫌われ松子の一生』の松子役で最優秀主演女優賞を受賞。そのほか、多数の映画賞を総なめにする。『嫌われ松子の一生』の撮影後、インド一人旅を行い、その旅の記録『インド旅行記(幻冬舎文庫)』が出版された。プライベートでは、映画で共演した女優の松嶋菜々子と仲が良い。

1. 中谷美紀 - Wikipedia

2. トップ | 中谷美紀 | ワーナーミュージック・ジャパン ...
3. STARDUST - スターダストプロモーション - 中谷美紀のプロフィール
4. Rooms Nakatani http://www.roomsnakatani.com/
5. goo 嫌われ松子の一生 オフィシャルサイト > 嫌われ松子の人々中谷美紀

中谷美紀の得意料理は中華?「お友だちに迷惑かけたかも…」


posted by ぴかまま at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性:さ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。