2010年03月14日

“奇跡の38歳”といわれる日テレ・丸岡いずみはどんな人?

“奇跡の38歳”といわれる日テレ・丸岡いずみはどんな人?

丸岡いずみ(まるおかいずみ、1971年8月6日 - )は、日本テレビ報道局に所属する報道記者、ニュースキャスター。

元北海道文化放送アナウンサー、元セント・フォース所属フリーキャスター。 バンキシャ時代は、アシスタント・プロデューサーも兼務。 徳島県美馬市[2]出身[3]。

徳島県立脇町高等学校、関西学院大学文学部日本文学科(文学士)卒業。早稲田大学大学院人間科学研究科(修士(実践人間科学))修了。

1994年4月 - 北海道文化放送にアナウンサーとして入社。
1999年9月 - 北海道文化放送退社。
1999年10月 - セント・フォース所属のフリーキャスターとなり、CS放送・NNN24のフィールドキャスターを担当。
2001年4月 - 日本テレビの報道局に報道記者として中途入社。社会部遊軍記者となる。
2001年12月 - 社会部記者。警視庁記者クラブで捜査1課・3課を担当。
2008年3月26日 - 早稲田大学大学院人間科学研究科(修士(実践人間科学))修了。

見た目が若いことから「奇跡の38歳(現在の年齢)」といわれることがある。2009年3月30日放送の『おもいッきりDON!1155』内「丸岡いずみのDONDON取材中」の冒頭で、上重聡アナウンサーから実際にこのように紹介された。同番組のメイン司会である中山秀征には「永遠の21歳」と振られたこともある(これはファッションストアチェーンFOREVER21が日本初上陸したニュースを紹介したことによる)。
両親は共に元高校教師。「いずみ」という名前は両親が「知恵や知識が(泉のように)湧き出るように」という思いを込めてつけてくれたという[4]。
現在は日本テレビの報道記者兼キャスターが本職であるが、日本テレビのアナウンサーだと誤解されることが多い。
大相撲の元幕内力士時津洋とは同郷の幼馴染みで、幼少期には一緒にゴレンジャーごっこをして遊んでいた[5]。
『アルプスの少女ハイジ』のファン。ハイジだけではなく、ハイジファミリーをこよなく愛しているとのこと。幼少期のハイジごっこでは主にロッテンマイヤーさん役をやっていた。
タッキー&翼の滝沢秀明のファン。
虫は苦手ではなくミミズやクモも触れる。海釣りでは生き餌の触れない友人達の針にゴカイ等の餌をつけて回っていたという。
猫が苦手。猫アレルギーであることと、子供の頃に飼っていた文鳥が猫に殺されたことがトラウマになっているのが原因。
水泳が得意。水泳は小学生の時からやっていて、高校のときは陸上と水泳をかけもちでやっていた。また、足が速いことが自慢で、50mで6秒台前半、中学時代に100mで13秒08を記録したという。
関西学院大学文学部在学中に、日本テレビの番組「ズームイン!!朝!」にて、読売テレビの三浦隆志からインタビューされたことがある。
1997年1月、北海道文化放送の局アナ時代に、当時の同僚だった高田英子、千葉朱里と三人で「オモシロガールズ」というユニットを組み、北海道文化放送のキャンペーン活動を行っていた。キャンペーン期間中CDも限定発売され、北海道文化放送の放送開始時及び放送終了時にPVが流れていた他、キャンペーンスポットも随時流れた。PVでは、チャイナドレスやパジャマ姿等のコスプレを披露している。
自他共に認めるうどん好きで、「うどん記者」を自称するほどの思い入れとこだわりがあり、時には自ら麺を打つことも。特に故郷である徳島の名産たらいうどんには並々ならぬ愛着を持っている。自宅の冷凍庫には常に冷凍うどんが冷凍たこ焼きと共に備蓄されており、朝食には必ずそのどちらかを食べると語っている。
競馬が好きで、馬の追い切りを見に行ったり、競馬場でもパドックを念入りにチェックする。また北海道時代には社台ファーム早来にも行っていた。
2008年3月1日放送の『およよん NEWS&TALK』において、共に司会を務める吉田豪がプロレスの話題を持ち出した際、自身も大のプロレスファンである事を告白した。本人曰く、「私、観に行ったらかなりエキサイトしますよ」とその熱狂ぶりを語っている。特に小橋建太の大ファンであり、これまで小橋に懇願して2度「逆水平チョップ」を受けている(本人曰く、賜ったとのこと)。また、2008年12月27日放送分では、小橋がゲスト出演するという理由から、その喜びとプレッシャーのあまり収録日の前日から知恵熱が出てしまい、普段よりハイテンションな状態にあると番組内で語っていた。
2009年3月13日放送の『おもいッきりイイ!!テレビ』内の「Newsエスプレッソ」のコーナーにおいて、「麻生太郎首相が女性記者にバレンタインデーの“お返し”をした」というニュースの中で、お返しに添えられた首相直筆の手紙の中の「御心ずかい」の「ず」という表記について、「つ」に「゛」ではないかと指摘した。
お酒好きの酒豪であり、そのことを自身の出演番組でいじられることがある

『情報ライブ ミヤネ屋』では、ニュースを読み終えた後から第1部終了(14:55)までの十数秒間は大抵、司会者の宮根誠司から「丸岡さぁ〜ん」とネタを振られいじられるのがお約束となっている(重大事件・事故のニュースが多い場合はいじりではなくニュースに関する掛け合いに終始する)。同番組でプロ野球・阪神タイガースファンであることを告白した(宮根も自称阪神ファンである)が、掛け合い中2009年の優勝は巨人と予想したことを、「(読売系列という)立場上しょうがない」と宮根に言われる。
2008年5月1日放送では、宮根のことを「ミヤネ屋さん」と呼んでしまい、宮根本人から「オレは落語家じゃないから」と反論された。
宮根から「今度オレと一緒にゴルフをやらないか」と誘われたことがあり、実際に(日本テレビや読売テレビの報道局長らと一緒に)プレーした事が宮根のブログに掲載されている[6]。
2008年8月6日放送では、宮根から「今日、お誕生日ですよね?」と話しかけられ「はい」と答えると、「誠司より 愛を込めて」と書かれたケーキをプレゼントされた。宮根は「公私混同です」と答えた。翌8月7日には、ケーキのお礼として丸岡から自らが書いた宮根の似顔絵とメッセージが書かれたボードを送っていた。『NNNストレイトニュース』のブログで、丸岡は「すべては今週の(ミヤネ屋)企画会議でスタッフはすべてを“たくらみ済み”だったのです。」とつづっている[7]。
また翌年2009年8月6日放送では、宮根から「今日、お誕生日ですよね?」と話しかけられ「はい」と答えると、38本のローソクと「キセキの38才」と書かれたプレートのついたケーキをスタッフから送られ、宮根本人からは、手打ちうどんの道具一式(プロ仕様)をプレゼントされた[8]。なお同日放送の『おもいッきりDON!』では、司会の中山秀征からお祝いの花束を受け取った。
2008年11月29日に宮根が本人のブログで再婚を発表した際、再婚相手が丸岡と同年齢であったことから「相手は丸岡さんですか?」などのコメントが殺到。丸岡宛てに問い合わせの電話が10本以上あったという[9]。
もう一人の司会者である森若佐紀子のブログによると、この「丸岡いずみキャスターの最新ニュース」が番組内における大人気コーナーになっていると言及している。また、コメンテーターの神足裕司は「このコーナーが(番組中で)一番面白い!」とうっかり口を滑らせてしまい、司会の宮根や他のコメンテーターからツッコミをいれられてしまったことがある。かつてコメンテーターだった北野誠は、タクシーを利用する際にその運転手から「誠さん、あの(ミヤネ屋の)ニュースコーナー面白いなあ」と必ずと言っていいほど声をかけられると語っていた。
2009年1月27日放送では、大相撲の横綱朝青龍の大ファンであり、国技館には何度も足を運び応援していると告白。同年2月の同番組では「憧れの人に会ってビックリした人は?」と言う問いに「(67代横綱)武蔵丸(現・振分親方)さんです」と答えている。
2009年4月13日放送では、宮根が間違って「丸川さん」と呼び掛けてしまい、自分が朝日放送にいたからテレビ朝日の人(恐らく丸川珠代。現・参議院議員)と間違えた旨の言い訳され、丸岡が半笑いで「もういいです」と言うハプニングが起こった。
2009年7月3日放送では、かねてから宮根にお願いされていたメガネ姿を披露。宮根本人はもちろん、ミヤネ屋のスタッフ、男性出演者からも好評を得た(ただ、丸岡本人はメガネ姿が似合っていないと思っており、基本的にテレビでメガネ姿を見せることはない)。
2009年9月1日放送では、ゴルフ好きなことから石川遼の取材をしている政治評論家の上杉隆の話を熱心に聞いていると森若と宮根に指摘されていた。

丸岡いずみ - Wikipedia

<丸岡いずみ>「ミヤネ屋」降板 夕方の新ニュース番組に専念 宮根アナとのかけ合いで人気

2. 丸岡いずみキャスターのここだけの話...
3. 丸岡いずみ
4. 奇跡の38歳『ミヤネ屋』丸岡いずみができるまで - Ameba News ...
5. YouTube - Re: いずみ&せいじ 「消したい過去」

★★★

名古屋国際女子マラソン、加納が独走V

川口春奈 ドラマに初主演


posted by ぴかまま at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女子アナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。