2010年04月05日

山崎さんのシャトル、5日打ち上げへ

山崎直子(やまざき なおこ、1970年(昭和45年)12月27日 - )は、日本人2人目の女性宇宙飛行士。千葉県松戸市生まれ。旧姓・角野(すみの)。

プラネタリウムやボイジャーが送ってきた画像、アニメの宇宙戦艦ヤマトなどから影響を受け宇宙を志した。東京大学大学院を修了後、当時の宇宙開発事業団に入社し、国際宇宙ステーションの開発業務に従事しながら宇宙飛行士を目指し、入社3年後、2度目の受験で宇宙飛行士に選抜された。2006年2月に、アメリカ航空宇宙局(NASA)の搭乗運用技術者に認定され、2008年5月には搭乗者支援宇宙飛行士として土井隆雄のミッションを支援した。2010年4月にスペースシャトルディスカバリー(STS-131)に搭乗し、国際宇宙ステーション組み立て任務に従事する予定である

宇宙飛行士に選抜される以前から、宇宙工学を専攻して自らきぼうなどの開発に従事した、有人宇宙機開発エンジニアでもある。将来の夢として「日本で有人宇宙船を開発して打ち上げたい」とも語っている[1][2]。
2000年12月に国際宇宙ステーション運用管制官(当時)の山崎大地と結婚し、現在までに1女をもうける。
2007年、WOWOWアニメ『ロケットガール』に、物語の主人公である架空の女性宇宙飛行士についてコメントするJAXA宇宙飛行士(山崎本人)役として特別出演した。
実父は陸上自衛官で第1空挺団の隊員であった。宇宙飛行士を志したのは落下傘降下する父親の姿の影響を受けたのではとする説もある。[3]。
2009年11月から、Twitterによるつぶやき(Astro_Naoko)をはじめている

1989年3月 お茶の水女子大学附属高等学校卒業。
1993年3月 東京大学工学部航空学科卒業。
1994年-1995年 ロータリー国際親善奨学生として米国メリーランド大学留学。
1996年3月 東京大学大学院航空宇宙工学専攻修士課程修了。
1996年4月 旧・宇宙開発事業団、現・宇宙航空研究開発機構に入社。
1999年2月 古川聡、星出彰彦とともに国際宇宙ステーションに搭乗する宇宙飛行士候補者に選ばれる。
2000年12月 山崎大地と結婚。
2001年9月 正式に宇宙飛行士となる。
2002年8月 女児出産。
2004年5月 ロシアのソユーズ宇宙船のフライトエンジニアの資格を取得。
2006年2月 アメリカ航空宇宙局(NASA)のスペースシャトルの搭乗運用技術者(MS)の資格を取る。
2008年11月 STS-131のクルーに任命される

琴、書道、スキューバダイビング、テニス、ジャズダンス

『何とかなるさ! 』(サンマーク出版、2010年)

山崎直子 - Wikipedia

★★★

山崎さんのシャトル、5日打ち上げへ、山崎さん搭乗シャトル公開=5日夜に打ち上げ−ケネディ宇宙センター

山崎直子宇宙飛行士、4月5日のスペースシャトル打ち上げに備えNASAの隔離施設に入る

山崎さんシャトル、予定通り=来月5日打ち上げ正式決定−NASA3月27

. 宇宙飛行士 山崎 直子さん
. 山崎直子 宇宙飛行士
. 山崎直子:JAXAの宇宙飛行士 - 宇宙ステーション・きぼう広報・情報 ...

★★★

坂本冬美、「また君に恋してる」70万DLに感謝
東方神起、活動休止…解散騒動から8か月 契約問題で亀裂修復不可能
キムタクin上海…「月の恋人―」クランクイン


タグ:山崎直子
posted by ぴかまま at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。