2009年11月29日

NHK・坂の上の雲・秋山好古(阿部寛)

明治維新後、激動の時代を力強く生きた若者たちを描いた司馬遼太郎の同名小説をドラマ化。3年にわたって放送。

11/29(日)〜20時〜21時30分・NHK『坂の上の雲

海軍軍人:秋山真之(本木雅弘)

◆陸軍軍人:秋山好古阿部寛):秋山真之(本木雅弘)の兄。経済的な理由から陸軍士官学校へ入学し、その後陸軍大学校へ進学。日本陸軍に仏式の騎兵戦術を導入し「日本騎兵の父」と呼ばれる

★★★

北村一輝が準主役!妻夫木が仕える武将・上杉景勝
俳優の妻夫木聡(27)が主演する来年のNHK大河ドラマ「天地人」(09年1月スタート)のキャストが2日、明らかになった。
俳優・北村一輝(38)が妻夫木演じる知将・直江兼続(かねつぐ)を従える戦国大名・上杉景勝役として、準主役で物語の中核を担う。
ほかには阿部寛(43)、常盤貴子(36)、長澤まさみ(21)、相武紗季(22)ら豪華俳優陣が勢ぞろい。キャストは3日、同局で正式発表される。

阿部寛らが座禅に挑戦


★2008-06-13NHK生活ほっとモーニング・この人にときめき」に出演

モデル時代も俳優になって最初の頃も楽しかった・・
モデルから俳優になって3年目の頃・・俳優になりたくてなったわけではなかったので、台本を読んで、セリフを言う・・という仕事にこだわりが持てず、楽しさがわからなくなった・・でも今、あの頃の映像を見るとあれはあれで素直でいいと思える・・
その頃、NHKの大河ドラマに出演する機会があり、たくさん勉強させてもらった。
転機は20代後半のつかこうへい先生との出会い・・舞台「熱海殺人事件」にオーデションを経て、バイセクシャルで棒高跳びの選手の部長刑事・・起用されたこと。「芝居は下手なんだから、相手の目を見て大声で話せ」と言われ、大声を出し続けたとか

これからは、普段の自分を深めることで(いろんな人と会って、いろんなところへ行って・・)もっと役者としても深くなっていきたい・・

★2008-05-18スタートフジテレビ月9ドラマ★CHANGE

韮沢勝利(44)役 - 阿部寛

選挙プランナー。199勝1敗。選挙は法律で唯一許された戦争」が持論。選挙はマラソンと同じ、ぶっ倒れるのは、ゴールしてから!!と言い放つ。

かつて村議選に出馬し、落選したことがある。

べたべたした人間関係が嫌い。利害関係のみで人脈を作っていくがモットーで、「徳島の選挙区から当選した生方恒夫は信用できる」という情報を与えて、八王子の選挙のために啓太(木村拓哉)の住む家に転がり込んできました。

長澤まさみ、男装「居心地よかった」…来月10日公開「隠し砦の三悪人」 

「チーム・バチスタ」栄光のアジア進出…興収20億円確実



★2007-11-20
独身大物俳優の、阿部寛さん(43)が結婚するのだそうです。

阿部寛さんのお相手は、かねてから交際中の元0L、28歳の美女だそうです・・・、

阿部寛さんの結婚はとってもおめでとう・・ですが、ふーーーんと寂しくもあります^^

阿部寛さんは大学在学中、お姉さんの進めと、優勝賞品である車ほしさに「集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞」へ応募し、見事優勝。以降、雑誌『ノンノ』『メンズノンノ』のカリスマモデルとして活躍、当時は風間トオルさんと人気を二分していました。

阿部寛さんは『メンズノンノ』の創刊号から43号まで連続して表紙を飾り、「世界で最も『同じ雑誌の表紙を連続して飾った人物」として『ギネスブック』に掲載されているのだそうです。

当時、阿部寛さんを「かっこいいなー」とうっとり見つめる私たちに「ふん、あんな馬面!!」と言った男の子(ひがみですね)がいて、思わず、ゲラゲラ笑いだし、それ以後「馬面の阿部ちゃん」と仲間内では呼んでいたものでした・・

その後、阿部寛さんは、映画「はいぁらさんが通る」で南野陽子さんと共演し、デビューしたものの、俳優としては、長く不遇時代が続いたようです。しかし、2000年、仲間由紀恵と共演したドラマ『TRICK』や、「ドラゴン桜」「結婚でいない男」など30歳以降は大活躍の素敵な??(面白い)俳優さんになりました。

阿部寛さんは結婚で、どう変わっていくのでしょうか??今後も大いに注目し、応援していきたいものです

阿部寛が28歳の元OLと結婚

阿部 寛(あべ ひろし、1964年6月22日 - )
大学在学中の1985年、姉に勧められて優勝賞品である車ほしさに「集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞」へ応募し、見事優勝。以降、雑誌『ノンノ』『メンズノンノ』のカリスマモデルとして活躍。
『メンズノンノ』の創刊号から43号まで連続して表紙を飾り、「世界で最も『同じ雑誌の表紙を連続して飾った人物」として『ギネスブック』に掲載されている。

1987年映画はいからさんが通る』で俳優デビュー
1993年つかこうへい作の舞台熱海殺人事件』で演じた主役のオカマ部長刑事役が転機となり、次第に単なる長身二枚目俳優ではなく、演技力も兼ね備えた実力派としての地歩を固め始める。
1995年NHK大河ドラマ八代将軍吉宗』で有能な老中松平乗邑役を好演したのを皮切りに、時代劇への出演も増える
テレビドラマ『ドラゴン桜』『結婚できない男』など、雰囲気のあった当たり役も多い阿部寛 - Wikipedia


posted by ぴかまま at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男性:あ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。