2009年07月05日

NHK大河ドラマ「天地人」淀殿

天地人

淀殿深田恭子

豊臣秀吉の側室。織田信長の姪にあたる。1589年には捨(鶴松)を生んで、喜んだ秀吉から淀城を賜り、以後「淀殿」と呼ばれるようになる。天地人★淀殿(深田恭子)

★★★

深キョンまたセクシ〜!ドロンジョの次はエリートスパイ…長瀬と5年ぶり共演

深田恭子の『ヤッターマン』ドロンジョ姿を初公開! 総衣装制作費は5000万円

来年の大河「天地人」は爆笑の連続か

1. 深田恭子の画像

2. 深田恭子
3. 深田恭子 - Wikipedia
4. YouTube - 深田恭子
5. YouTube - 映画「ヤッターマン」深田恭子 三人乗りチャリ初公開

★★★

モップガールに続く金曜ナイトドラマが今日からスタート。

今度の金曜ナイトドラマは満腹になると人の20年後の姿が見えてしまう能力をもった吉田めぐる(深田恭子)という女の子が主人公。
奇妙な力にとまどうめぐる(深田恭子)。めぐる(深田恭子)は学習塾の英語講師で24歳の誕生日に超能力を身につけ・・仕事、恋に奮闘するコメディー新感覚SFコメディ・・脚本は『池袋ウエストゲートパーク』・『木更津キャッツアイ』の宮藤官九郎。連続ドラマの脚本を努めるのは『吾輩は主婦である』以来2年ぶりとなるそうです。また深田恭子は『富豪刑事デラックス』以来2年ぶりの連続ドラマ主演。


前回の金曜ナイトドラマ・モップガール」は過去に戻ってしまう・・・という設定だったので、今度は逆の設定にしたところが面白いな

1月9日、深田恭子さんは「未来講師めぐる」(金曜後11・15)の高視聴率祈願のため、同僚講師役の黒川智花(18)とともに受験生を引率して学業の神様に祈願した東京・湯島天満宮を訪れたそうです。

 満腹になると未来が見えるという主人公めぐるにちなみ、自らの特殊能力を聞かれた深田恭子さんは「酔っぱらうと何語でも分かるようになります。私はシャンパンで満腹になりたい」と笑顔。なぜか愛犬のトイプードルを紹介し、「名前はメロンパンナちゃん。5カ月半の女の子です。母性を知りたくて昨年から飼っていますが、結婚より先にお母さんになっちゃった」と、連れてきた受験生そっちのけで、愛犬家ぶりを披露していたそうですよ。

★★★

金曜ナイトドラマ未来講師めぐる」第一話あらすじは・・

進学塾の英語講師・めぐるは、24歳の誕生日に、恋人のユーキ(勝地涼)とのデート中、焼肉を食べ過ぎてトイレから戻ると・・ユーキの席に座っていたのは謎の中年男性(田口浩正)。それは20年後のユーキの姿だった・・・。やがて自分の不思議な能力を自覚しためぐるは、成績不振の塾の優等生・赤坂(佐藤和也)の20年後を覗き見してみる・・・

深田恭子が激白!「誰かのために生きて母性を味わいたい」
深キョンとクドカンがタッグ

<深田恭子>映画「ヤッターマン」のドロンジョに セクシー女ボスに挑戦

深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日 - )愛称は「深キョン」。

東京都北区出身、堀越高等学校卒業。所属事務所はホリプロ。代表作はドラマ『神様、もう少しだけ』、『富豪刑事』、映画『下妻物語』など。

1996年、中学2年生のとき第21回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリ受賞をきっかけに芸能界入り。ドラマ『神様、もう少しだけ』でブレイクし、その後数々のドラマや映画、CMに出演。歌手としてCDもリリースしている。

●1998年夏にOAされた、金城武主演ドラマ『神様、もう少しだけ』で注目を集める。同年10月から(2002年3月まで)ニッポン放送のラジオ番組『深田恭子 IN MY ROOM』のパーソナリティーを務める。
●1999年、『鬼の棲家』でドラマ初主演。同年5月に『最後の果実』をリリースし、歌手デビュー。その後発売されたピアノアルバム『Dear…』でピアノの演奏を行う。
●2000年、赤川次郎原作の『死者の学園祭』で映画初主演し、主題歌「How?」を歌う。音楽番組にも数多く出演。
●2001年、世界水泳選手権福岡大会イメージCGキャラクター・速水亜矢の声を務め、同大会開会式後に水の妖精をイメージしたドレス姿でダンスパフォーマンスを行う。
●2002年、放送史上初の日韓合同制作・同時放送となったスペシャルドラマ『フレンズ』に出演し、ウォンビンと共演。
北野武監督作品『Dolls』でアイドル・山口春菜役を演じ、劇中自身の曲「キミノヒトミニコイシテル」を披露する。
●2003年、デザイナー桂由美の春夏パリコレクションに着物風のドレスを着て舞台に立ち、モデルを経験。
●2004年、映画『下妻物語』においてロリータ少女・桃子役を演じ、秋吉久美子、小泉今日子と並び最年少受賞となった、第59回毎日映画コンクール主演女優賞ほか複数の賞を受賞。
●2005年主演の筒井康隆原作のドラマ、『富豪刑事』神戸美和子役は当たり役となり、続く2006年の『富豪刑事デラックス』は初のシリーズ作品となる。
●市川崑監督が再びメガホンを執る2006年12月公開の映画、『犬神家の一族』に女中・はる役で出演している。
●2007年主演の松岡圭祐原作のドラマ、『蒼い瞳とニュアージュ』臨床心理士・一ノ瀬恵梨香役を演じる。
●金曜ナイトドラマ「未来講師めぐる」の主演により1997年の『FiVE』で連ドラデビュー以来、これで12年連続のドラマ出演となる。
●2009年春公開予定の映画『ヤッターマン』への出演が決定、悪役であるドロンジョ役に挑戦する予定。

●父親とも仲がよく、妹が一人いる。
●身長に比べると足が大きく、26cm(27cmの説もある)。かつて所属事務所から配布されたプロフィール用紙には「(足のサイズに)間違いありません。」(写真集等では「プリントミスではありません」)と但し書きされていたこともある。
●映画『新宿少年探偵団』やゲームソフト『ユーラシアエクスプレス殺人事件』で共演した加藤あいは高校の同級生かつ大親友で、高校の願書も2人で出しに行った。下校時にはよく2人で帰り、「あいが他の女の子と話しているのを見るだけで嫉妬した」とまで言っていた。ただし、現在それほど仲がいいかは不明。高校の同級生は他に仲根かすみ・Sowelu・小高早紀・上良早紀・藤原竜也らがいる。
●意外にお酒が好きで、仕事後に「『お疲れ様ビール』は欠かせない」(本人・談)。2007年にゲストとして出演したバラエティ番組『ナイナイサイズ』では、毎晩シャンパンを飲んでいることが明らかとなった。飲み友達を含め交友関係は広く、篠原ともえ・鈴木亜美・宇多田ヒカル・浜崎あゆみらと付き合いがあり、ドラマ『イマジン』で共演した黒木瞳とも親交が深い。
●『下妻物語』で本格的なロリータ・ファッションをしてから気に入って、それらのブランド(BABY, THE STARS SHINE BRIGHT)を私服に取り入れているようで、雑誌『KERA』(インデックス・コミュニケーションズ)の表紙を飾ることもしばしばある。
『mina』創刊号から1年間もの間、長く表紙を飾った。
●ラジオ番組「OBCブンブンリクエスト」(ラジオ大阪)のトークコーナーにゲスト出演した際、ゲストだったのにもかかわらず殆ど話そうとせず、パーソナリティーだったますだおかだの増田英彦を四苦八苦させていた。
●また多少わがままな性格で、「ぷっ」すま出演の際、番宣のために出ていたにもかかわらず、罰ゲームを受けるのが嫌で「じゃあ番宣しなくていいです」と言って周囲をあわてさせていた。



posted by ぴかまま at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性:は行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。