2008年05月17日

ハチワンダイバー★神野神太郎役・大杉漣

フジテレビハチワンダイバー
5/17・第3話「伝説の男、二こ神ついに登場」

★ホームレスの真剣師・神野神太郎(じんの じんたろう:大杉蓮
名前に「神」の字が二つ入ることから「二こ神(にこがみ)」と呼ばれている。
20年前に「雁木(囲い)」を使ってアマチュア名人戦三連覇、さらにプロ棋士に勝利するなどの偉業を果たした(単行本第2巻描き下ろし「神野神太郎伝説」を参照)が、鬼将会に敗れたことでホームレスに転落した。そよとは旧知の間柄であり、菅田と「そよのオッパイを揉む権利」を賭けて対戦した。その時は菅田に敗れるが、20年目の再戦を挑んだ海豚七段を返り討ちにすることで菅田を感嘆させ、彼を弟子入りさせた。 ハチワンダイバー - Wikipedia


大杉漣(おおすぎ れん、1951年9月27日 - )

徳島県小松島市出身。小松島市立千代小学校、小松島市立小松島中学校、徳島県立城北高等学校を経て、明治大学中退。身長178p、体重72s 大杉漣 - Wikipedia

小林薫と大杉漣、おじさんだらけのむさくるしい現場で…
2008年5月12日(月)12時40分配信 シネマトゥデイ


小林薫、大杉漣、柏原収史

 10日、新宿明治安田生命ホールにて、映画『休暇』の舞台あいさつ付き完成披露試写会が行われ、出演者の小林薫、大杉漣、柏原収史、門井肇監督が登壇した。

 死刑執行補佐を務める刑務官、というシリアスな主人公を演じた小林は「重いテーマだけど、普通の男がささやかな幸せを求めて生きているさまに注目してほしい。演じるときは、あまり深刻に考えてやらないようにした。共演の大杉漣さんは同い年なんだけど、彼は経験豊富ということもあって、いい雰囲気を作ってリラックスさせてくれた」と隣の大杉を褒めたたえた。これに対し大杉は照れた様子で「現場のムードを作ってるようでいて、実は自分のためにムードを作ってる」と謙遜(けんそん)し、「撮影現場はおじさんばかりで、むさくるしかった(笑)」などとユーモラスなコメントを連発して観客を笑わせた。そして「このような地味な作品もあっていいと思います。ゆっくりと観てください」とメッセージを送った。

 一方、ベテラン俳優陣と共演した柏原は「今作にかかわって刑務官という仕事を知り、死刑についても考えさせられました。観る方たちに、何かを感じ取ってもらえたらいいですね」とまじめにコメント。さらに「舞台となった山梨は、自分の地元なのでうれしかった。母親も喜んでくれて、差し入れしてくれたんです」と懐かしい場所が舞台の作品に参加できた喜びも語った。

 『休暇』は、作家・吉村昭による短編が原作の人間ドラマ。新婚旅行に行くため、1週間の休暇と引き換えに死刑執行補佐の仕事を引き受ける刑務官を通して、それぞれの幸福の形、家族のきずなが描かれる。

映画『休暇』は6月7日より有楽町スバル座ほかにて全国公開
オフィシャルサイト http://www.eigakyuka.com/






posted by ぴかまま at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男性:あ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。